ヨガ」タグアーカイブ

心身の自由を奪わない

心身の自由を奪わない。自分以外の人に対しては特に。

これは、ヨガに触れてからレッスンやプライベートでもずっと実践できるよう意識して来たことの中でも最も重要だと思っていることです。

ヨガ哲学では、ヤマ(禁戒、詳細は過去記事『十重禁戒とヤマ・ニヤマ』からどうぞ)アステヤ(盗まないこと)アパリグラハ(貪らないこと)に通じるでしょうか。

単純に、明らかに他者のものである所有物を盗むとか、必要以上のものを貪るという意味にとどまらず。

続きを読む

姿勢・呼吸・柔軟性と心の余裕

心と身体は繋がっている

そのことを今ほど痛切に実感できる時というのは、なかったのではないでしょうか?

外出自粛と言われながらも感染防止策を講じた上でお散歩やジョギング等の運動が勧められているのは、

  • 身体を動かして身体機能のコンディション維持を図る目的

それだけではないと思います。

  • 身体を動かすことによるストレス解消

といったメンタル面でのコンディション維持の必要性が認識されているからではないでしょうか。

お散歩やジョギング、サイクリング、踊る、などなど色んな運動がある中で、

ヨガ・ピラティスは心と身体のコンディション維持にどんな風に役立つのか?

私なりの思うところを挙げさせていただくと、

  • 負担の少ない、整った姿勢の確立
  • 呼吸の改善
  • 可動域、筋肉の柔軟性維持

姿勢・呼吸・柔軟性から「心の余裕」が生まれてくることかと思っています。

既に溜まったストレスを解消、発散させるのではなく(そういった効果ももちろんあります)、

  • ストレスそのものが生じなくなる
  • 既存のストレスに呑み込まれなくなる

そんな効果を私は実感します。

  • 姿勢が崩れないアスリート・武道家などはどんな状況にも対応します。
  • 呼吸が浅く早い時ほど、焦ったりイライラしがちです。
  • 固く可動域の少ない身体は、思考や発想の幅も狭めてしまいます。

さまざまな運動の効果特性を把握して、この状況でやれることを見出して、

心の余裕を持ち続けていただきたいと願います。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

ステイホームと食欲問題

皆様はステイホームな生活が始まって以降、食欲って変化はありましたでしょうか?

単純に食べる量だけでなく、さまざまな運動、活動の量との関係で振り返っていただきたいと思います。

私はレッスン数が減ったので、基本的にその分食欲は減っています。

レッスンの代わりに自分でヨガ・ピラティスそして居合とたくさん身体を動かした時はそれに応じて食欲が出てきます。

運動量が減ったにもかかわらず食欲は変わらず、でしょうか?

あるいは暇つぶしに食べ物飲み物を口に入れて食欲はむしろ増している、、、なんてことは、、、?

ストレス食い、なんてことも出来れば避けたいところです。

身体の、特に消化・吸収・分解に携わる器官の声を聞いて

適時に適量

これが出来るようになりたいところです。

個人的にはコロナよりもこの騒動の周辺で隠れて起きる心身のバランスの乱れが心配なこの頃です。

いきなり今の暮らし方に大鉈を振るう必要はありません。

まずは立ち止まって気持ちを落ち着けて、ご自身を振り返ってみて下さい。

身体の声を聞いてあげて下さい。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村

筋力から呼吸力へ

筋力から呼吸力にシフトして行きましょう。

私がヨガ・ピラティス双方のレッスンでよく口にすることです。

例えばヨガなら、

  • バランス系の練習を筋力で押さえ込まず呼吸で
  • ストレッチも筋力で引っ張らず呼吸に合わせて無理なく

ピラティスなら、

  • 手足の力だけじゃなくて体幹をもっと使って

といった時に呼吸力が登場します。

筋力だけの動き、あるいは呼吸と合っていない筋肉の働きでは、ヨガもピラティスも本来の効果を得られません。

見た目は同じでも正しい呼吸が無ければその動きはヨガ・ピラティスにはなりません。

ヨガ・ピラティスと聞いてイメージする

  • 美しい姿勢・動作
  • 引き締まったしなやかな筋肉
  • 穏やかで且つ研ぎ澄まされた心

これらは全て、筋力ではなく呼吸力の成果と言っても過言ではありません。

ヨガならヨガの呼吸を、ピラティスならピラティスの呼吸を使って、呼吸で全身を動かして行きましょう。

筋力から呼吸力へのシフトを。

呼吸力でヨガ・ピラティスの大半の効果は、フィジカル面もメンタル面も自在に引き出せます!

*ヨガ・ピラティスそれぞれの呼吸方法については過去のブログ記事『呼吸~息を吐くという力』が幾分ご参考になるかもしれません。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村