SANYO DIGITAL CAMERA

ヨガとカラダ〜ヨガでカラダのメンテナンスVol.1〜

第2回目は、ヨガは如何にしてカラダを健康にし、また、健康になったカラダを維持してくれるのかについて書いてみようと思います。

前回、『ヨガとカラダ〜カラダをザックリ知る〜』の冒頭でお話した通り、ヨガは

  • 骨、関節
  • 筋肉(随意/不随意筋、心筋)、腱、皮膚
  • 神経系
  • 内分泌系
  • 循環器系

と密接な関係を持っている、とされています。

(各々どんな役割を持つのかは、ぜひ前回の記事を読んでみてください)

更にこれらの器官と関連して、ボクはヨガの身体的効果としてティーチャートレーニング中に以下の5点を教えられました。

  1. 脊椎の柔軟性を確保する。それによって血行を促進する
  2. コアを強化し、神経系、内分泌系、骨、関節に働きかける
  3. 内臓を活性化し、健康にする
  4. ストレスの悪影響を抑制し、老化現象をスローダウンさせる
  5. 最も安全かつ健康に体重を落とす

何と言いますか、すごく耳障りの良いことばかり並んでいるような、そんな気さえするかもしれませんね。

でも、ボクの個人的体験を元に言わせていただくと、全部事実です。

信じられないかもしれませんが、ちょっと聞いていただいたら、きっと信じていただけるだろうと思います。

脊椎の柔軟性アップと血行促進効果

Grafik_blutkreislaufヨガには、背中の曲げ伸ばし、捻り、側屈など、背中を様々な方法を用い、様々な可動域に動かすポーズがたくさんあります。ほぼ全てのポーズが何らかの脊椎の動作を伴う、といっても決して過言ではありません。

そうした脊椎の動作を伴うポーズの練習を通して、脊椎の柔軟性は自然にアップしています。

また脊椎の動作を伴うポーズは、柔軟性に関連する骨や筋肉だけに影響を与えるものではありません。

脊椎に沿って位置する大動脈、大静脈も刺激します。(図の人体の中心を通る2本の太いラインがそれ)

脊椎の動作を伴うポーズで大動脈と大静脈の血行を促進し、血液と共に新鮮な酸素やその他の栄養素を全身に循環させます。

コアの強化、神経系、内分泌系、骨、関節への働きかけ

これは、個別に見てみましょう。

コア強化

個人的には、脊椎の動作を伴うポーズが多いことが理由のように思われます。

脊椎の動作を伴うポーズにより、腹筋や背筋、腹斜筋といった骨格筋が強化されます(筋肉バキバキ!という程ではありませんが)。

それ以外のポーズでも、姿勢を維持するために必要なインナーマッスルの強化や、大きくゆったりした呼吸を通して呼吸筋が強化されることが、ヨガによるコア(体幹)強化と言えるでしょう。

神経系への働きかけ

これも、まずは脊椎の動作を伴うポーズが多いことが理由です。

脊椎の中を通る脊髄、そしてその先にあるから成る中枢神経が脊椎の動作を伴うポーズによって刺激され、それによって脳のコンディションを良好な状態に維持することが出来るのです。

また、ゆっくりとした動作、静かな動作で体の隅々まで意識を巡らせて体を動かすことが、末梢神経の刺激にもなります。

内分泌系、骨、関節への働きかけ

特に内分泌系の刺激、ホルモンバランスの改善というと、何か難しく聞こえるかも知れませんね。

ですが、こうした内分泌系の刺激も、骨、関節への働きかけも、基本的な考え方は同じです。

ターゲットとする箇所を刺激できるような方法でポーズを取ればいいのです。

ハタヨガ,前屈のポーズ,内分泌系,たとえばこの前屈のポーズ。

このポーズは、しっかり股関節を軸に上半身を前屈させ、その状態で腹式呼吸をすることで、内分泌系の一つ、膵臓(すいぞう)を刺激することができるとされています。

膵臓は、インスリン(血糖を低下させるのに必要)等を分泌する器官です。

骨や関節への刺激は、陰ヨガがわかりやすいかもしれません。

久しぶりに自分撮りの動画を引っ張り出してみました(汗)。

後半、上体を前屈させるバージョンがありますが、これを余計な筋肉の力みを抜いた状態で行うとまさに、股関節前側への刺激となるのです。

つまり、

  • 目的に沿った正しいポーズの選択
  • 目的に沿ってチョイスしたポーズの正しい実践

で、内分泌系であっても、どんな骨、関節であっても大抵はフォロー可能、ということです。

と、ヨガの身体的効果を1回で解説しようと思いましたが、2つ目まででこんなにボリュームが出てしまったので(汗)、

  • 内臓を活性化し、健康にする
  • ストレスの悪影響を抑制し、老化現象をスローダウンさせる
  • 最も安全かつ健康に体重を落とす

の3点は次回に持ち越しとさせてください。

この記事が、皆様のヨガへの興味や関心を、そして正しい理解を深める(もちろんここで書くことが全て、というワケではありませんが)一助となれば幸いです。

つづく

sv10s

Seed Training(シードトレーニング)では、ヨガアライアンス登録校である、カナダ・バンクーバーのDivine Light Yogaのカリキュラムに沿った、シンプルで本質的なヨガ、を指導させていただいております。

いずれかでのお稽古が可能です。

指導させていただくヨガについては、こちらをご覧ください。

ご興味をお持ちいただけましたら、是非チェックしてみてください。

お問合せもこちらから、お気軽にどうぞ。

090-6756-5136

(レッスン中、移動中、施術中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


コメントを残す