コンディショニング」タグアーカイブ

続・無轍跡

前回ご紹介した無轍跡ですが、それに関連して身体の使い方も無轍跡となるように、という提案をしてみたいと思います。

人間の動きの場合に当てはまると、足跡を残さない、と言うことができるでしょうか。

音を立てないように動く、ということもチャレンジして欲しいことの一つです。

足跡を残さず、尚且つ音も立てずに動くために必要なこと、それは、

筋肉を必要以上に力ませず、関節を柔らかく使うこと。

下半身は、股関節、膝関節、足首、つま先まで全てを固めず、柔らかく滑らかに。

上半身は、背骨を一本一本柔らかく。

具体的な練習方法の例を挙げれば、

お家であれば、歩く、座る、階段の登り降り

運動時ならば、走る、ジャンプ、ランジ(色んな方向に足を運んで)などで。

経験上、こうした動きを身に付ける中で自然にインナーマッスルを鍛え、疲れにくく怪我をしにくい身体をつくることは可能だと思います。

身体の使い方でも無轍跡、意識していただければと思います。忍者のようなイメージで、是非。

sv10s

お問合せ :

レッスンのお問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

Seed Training シードトレーニング 尼崎 西宮 伊丹 宝塚 神戸 大阪市 ヨガ ピラティス プライベート スローライフ プライベートレッスン プライベートヨガスタジオ

休むことも必要

運動し始めると、続けることが大切だと思って頑張り過ぎることはないでしょうか?

この「頑張る」というのは日本人の美徳とも捉えられる一方で、国民病とも言えなくもないかなと思いますが、運動には頑張る一辺倒では逆効果です。休むことも必要。

この点、ヨガ・ピラティスではなくウェイトトレーニングやスポーツに特化したトレーニングをされる方々の方が身体の回復のための時間を取る重要性を認識されているのではと思います。

ヨガ・ピラティスも、行う内容やご自身の体力レベル、コンディションを鑑みて(自分の身体の声をよく聞いて!)上手に休みを入れるようにして下さい。

Seed Trainingは、「頑張る」よりも”Take it easy”を推したいと思っております。

休み方としては、完全に運動せず、ゆっくり寝たりして過ごす休み方(パッシブレスト)と、ごく軽度の散歩やサイクリング、ヨガなどを行う休み方(アクティブレスト)があるとされています。

昔カナダにいた頃は、トレーニングの合間に難度の低いコースのマウンテンバイクだったり、森を散歩したりしてました。

それを思い出して、最近は自分でも休みの日は出来る限りのんびりペースで自然の中で身体を動かす休み方をしています。

レッスンの取り方も、おうちでの練習も、頑張り過ぎず、上手に休める人になりましょう。

sv10s

お問合せ :

レッスンのお問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

にほんブログ村

Seed Training シードトレーニング 尼崎 西宮 伊丹 宝塚 神戸 大阪市 ヨガ ピラティス プライベート スローライフ プライベートレッスン プライベートヨガスタジオ

世間と距離を置く事が必要だ

病気のことも、紛争のことも、果ては芸能関係のことも、ここ数年ほど、世間と距離を置く事がいかに心身ともに快適に過ごす上で必要かと実感したことは無かったように思います。

そうした世間のトピックに触れて、反応して、意見や感情が次々と起こると、苦しいだろうなあと思います。

怒り、恐れ、執われ、、、世間に反応して沸き起こる感情に良いことなんて一つも思い当たりません。ニュースに対して意見を持つことも、何かを主張することにも価値を感じません。

続きを読む

マイナス71度の世界に生きる人々に学ぶ身体のケア

ちょくちょく、英語のブラッシュアップも兼ねて海外の興味深いYouTube動画を拝見しています。

今回ご紹介しようと思うのは、ロシアのシベリアの大地に生きるヤクートの人々の生活を紹介するYouTubeチャンネルです。

彼らの暮らす地域は、場所によっては冬はマイナス71度に達するといいます。

そんな中で金属製のものを肌に着けていると皮膚が剥がれるとか、、、

続きを読む

姿勢・呼吸・柔軟性と心の余裕

心と身体は繋がっている

そのことを今ほど痛切に実感できる時というのは、なかったのではないでしょうか?

外出自粛と言われながらも感染防止策を講じた上でお散歩やジョギング等の運動が勧められているのは、

  • 身体を動かして身体機能のコンディション維持を図る目的

それだけではないと思います。

  • 身体を動かすことによるストレス解消

といったメンタル面でのコンディション維持の必要性が認識されているからではないでしょうか。

お散歩やジョギング、サイクリング、踊る、などなど色んな運動がある中で、

ヨガ・ピラティスは心と身体のコンディション維持にどんな風に役立つのか?

私なりの思うところを挙げさせていただくと、

  • 負担の少ない、整った姿勢の確立
  • 呼吸の改善
  • 可動域、筋肉の柔軟性維持

姿勢・呼吸・柔軟性から「心の余裕」が生まれてくることかと思っています。

既に溜まったストレスを解消、発散させるのではなく(そういった効果ももちろんあります)、

  • ストレスそのものが生じなくなる
  • 既存のストレスに呑み込まれなくなる

そんな効果を私は実感します。

  • 姿勢が崩れないアスリート・武道家などはどんな状況にも対応します。
  • 呼吸が浅く早い時ほど、焦ったりイライラしがちです。
  • 固く可動域の少ない身体は、思考や発想の幅も狭めてしまいます。

さまざまな運動の効果特性を把握して、この状況でやれることを見出して、

心の余裕を持ち続けていただきたいと願います。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村