Seed Training,Yoga,mind,yoga sutra,メンタル,コンディション

ヨガとココロ〜心の作用と“ココロの波”〜

ヨガの心理的/精神的効果をチェックするこのシリーズも、いよいよ残すところ

  • 正しい態度と認識の獲得

だけとなりました。

ヨガで言うところの「正しい態度と認識」というのは、簡単に言うと、

IMG_2103

  • ものごとを「ありのまま」にとらえる
  • ものごとを歪めて解釈しない

ということです。

こうした態度と認識を確立するためには、もちろんマットでのレッスンもそうですが、それ以上に前提としての「ヨガ哲学」の把握が大切です。

今回は、はじめてヨガ哲学に触れる方にも解りやすように、ベストを尽くして書いてみようと思います。

『ヨガスートラ』と、ものごとを歪める“ココロの波”

ヨガには、2~4世紀頃に編纂された『ヨガスートラ』という指南書があります。

ココロの波,ヨガ,ヨガスートラ,メンタル

その指南書には冒頭の方に、ココロの作用として、

  • 正しい知識
  • 誤った理解
  • 言葉による錯誤
  • 睡眠
  • 記憶

が挙げられています。これらのうち、“ココロの波”を作ってしまう作用によって「正しい態度と認識」が歪められないように注意しながら、自分の心を正しく導くお稽古をしましょう、というのが、非常にザックリとした、ヨガスートラの教えの1つです。

でも、「正しい知識」や「睡眠」がなぜ「正しい態度と認識」を妨げるの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ですのでここからは、それぞれの“ココロの波“についてもう一歩踏み込んで、具体例等を書いてみようと思います。

正しい知識

たとえば、理屈としては筋の通ったものであっても、知識としては正しいものであっても、「それが全て」だと小さく納まってしまったり悪用してやろうという「出来心」を掻き立てられたりするならば、 正しい知識によって「正しい態度と認識」を歪められるとは、考えられないでしょうか。

ヨガスートラで説かれているところの「正しい知識」というのには、

  • 自己の直接体験
  • 推論
  • 適格な証明を受けた(つまり、「権威」をもった)知識

が含まれます。

誤った理解

ヨガ,メンタル,ヨガスートラ,落ち着き,リラックス

端的に言うと、事実と合致しない誤解や思い込みの類です。

ボクがティーチャートレーニング中に出されたのが、「ロープを蛇と間違える話」。恐い恐いという気持ちに取り憑かれていると、何の変哲もないロープを蛇と見間違えてビックリ仰天してしまう、と。

日常の例で言うと、窓口待ちの列に割り込まれたとしましょう。割り込んだのではなく先に予約をしていただけなのに、その事実を知らないと、「アイツはオレを無視して割り込んだ!」と一人で怒りを爆発させることになってしまいます。

言葉による錯誤

現実に存在しない、言葉だけの絵空事による“ココロの波”のことです。現実にはあり得ないような儲け話に心を惑わされる、なんていうのはよくある話。

睡眠

心が一切の対象を捉えていない「空っぽ」の状態で、なおかつ起こる心の形成、それを睡眠と言っています。眠っている状態がイメージしやすいから、睡眠、なのでしょう。

自分では何も思っていない、考えていない、感じていないつもりでも、潜在的なところではジワジワと、小さな波ではあるけれど動き続ける心がある。

これを認めて、向かい合うことがココロの波を止めて、ものごとを「ありのまま」にとらえる助けになる、ということです。

記憶

記憶とは、過去の経験を固持した状態のことを言います。睡眠よりは若干イメージが掴みやすいでしょうか?

これは、自分自身で意識的に、いわば「かたくなに」固持しているものもあれば、無意識的に過去の経験に「縛られている」ような状態も、両方含みます。

そうした過去の記憶が、現在の自分の目を曇らせている、ココロを波立てている、そんな風に感じることは、ありませんか?

 次回予告〜“ココロの波”を鎮める2つの方法〜

「正しい態度と認識」を妨げる“ココロの波”と、ヨガスートラで説かれるその元となる5つの心の作用、少しはご理解いただけると幸いです。

ヨガスートラには心の作用を鎮める方法についてもまた、記されています。

それらが、

  • アヴィヤーサ(鍛錬)
  • ヴィラーギャ(不執着)

と呼ばれるものです。

今回もまた長くなってしまいましたので、この説明はまた次回ということでお許し下さいませ。

*ヨガスートラにつきましては、ティーチャートレーニングを英語で受講したため、英語で渡された資料をボクが日本語訳させていただいております。そのため、日本語でヨガ哲学を勉強された方の用語とは違った言葉に訳してしまっている点も多々あるかと思います。ニュアンス、意味は同じものになるよう心掛けて和訳、記述しているつもりです。どうぞご理解の程を。

sv10s

Seed Training(シードトレーニング)では、ヨガアライアンス登録校である、カナダ・バンクーバーのDivine Light Yogaのカリキュラムに沿った、シンプルで本質的なヨガ、を指導させていただいております。

いずれかでのお稽古が可能です。

指導させていただくヨガについては、こちらをご覧ください。

いずれのスタイルも、「ヨガとカラダ」「ヨガとココロ」シリーズのコンセプトに沿ったレッスンを展開していきます。

ご興味をお持ちいただけましたら、是非チェックしてみてください。

お問合せもこちらから、お気軽にどうぞ。

090-6756-5136

(レッスン中、移動中、施術中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村


コメントを残す