月別アーカイブ: 2012年11月

12月の体験ワークショップスケジュール

12月の体験ワークショップは、以下のラインナップで計3回を予定しております。

陰ヨガ体験

12月8日(土):午前10時〜11時30分

12月22日(土):午前10時〜11時30分

ピラティス体験

12月21日(金):午前10時〜11時30分

お申込み/お問合せ

お申込み/お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

(メールフォームでのお問合せ)

090-6756-5136

(レッスン中、移動中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

Seed Training シードトレーニング ヨガ ピラティス タイ古式マッサージ 自宅出張 個人レッスン 尼崎 兵庫 大阪

レッスン前後にティータイム

ボクは、Seed庵にレッスンにお越しくださるお客様には、レッスンの前か後にお茶を出させていただいています。

お茶を飲んで一息つくことでお客様にレッスンに向けて気持ちを切り替えていただくようになる、というのも理由です。また、その日一日、あるいは前回のレッスンからどんな出来事があったのか、心と体が感じたこと等を言葉にしていただきやすくなるようにも感じる、というのもあります。

ボクにとっても、その日のお客様のコンディションに相応しいレッスンの微修正をするための判断材料にさせていただいたり。

そんな風に、落ち着いたリラックスした状態づくりのためにお茶を出させていただいていたのですが、最近海外のヨガ関係のツイッターで緑茶の効能について簡潔にまとめられた記事が出ていたので、そこに書かれていることもあわせてご紹介させていただきたいと思います。

以下が、元のツイートです。

この記事では、

  1. 減量効果
  2. 免疫機能を高める効果
  3. ストレス抑制効果

の3つが挙げられています。

1つ目の減量効果は、日常的にお茶を飲むことで食欲を抑制し、基礎代謝を上げることによって得られます。

2つ目の免疫機能の強化は、緑茶に含まれるカテキンの作用だと見られています。緑茶を飲むことでカテキンを摂取し、インフルエンザなどの病気にかかるリスクを減らすことも期待できるそうです。

そして、最後のストレス抑制効果。引用元の記事ではコーヒーとの比較がされています。記事によると緑茶に含まれるカフェインの量は、同量のコーヒーに含まれるカフェインの約半分。

余談ですが、ボクは緑茶もコーヒー(常にブラック)も飲みますが、やはりこの点で緑茶とコーヒーは違うかなぁ、と感じますね。どちらも一息つくためのものなんだけど、コーヒーは一息ついたら「よしっ、次!」っていう気持ちになるけど、お茶は「さて、どうしよう?」っていう感じ。(わかりにくいですか?すみません...)

それから、レッスン前にコーヒーを飲んで行ったこともありますが、その時の筋肉のブルブル感というのはスゴかったですね。意識しなくても勝手に筋肉がフル稼働状態で、リラックスできない。おそらくこの辺りがカフェイン効果なのでしょうか。

少し話がそれましたが、それに比べると緑茶はカフェインも少ないし、茶葉の香りや味わいがリラッックス効果を高め、ストレスの元となる緊張を解きほぐしてくれるのでしょう。

日本ではまだ少し先ですが、来月12月あたりから年末のお仕事やクリスマス、忘年会にお正月、新年会とイベント尽くし、忙しい尽くしの日々がやって来ますよね。

そんな忙しい合間に緑茶タイム、ご検討になってはいかがでしょうか?

大阪(市内)、尼崎、西宮、伊丹、宝塚等の阪神間にお住まいの方で、尼崎までお茶を飲みつつヨガ/ピラティスを習いに行ってもいいかな〜、とお考えの皆様、

Seed庵で色んなお茶を用意して皆様をお待ちしております。詳細は下記クリックでご確認ください。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

Seed Training シードトレーニング ヨガ ピラティス 自宅出張 個人レッスン 尼崎 兵庫 大阪

習った事を自分で続けるコツ

マット1枚あれば出来てしまう、お手軽なエクササイズ方法であるヨガ、ピラティス。

ボクのレッスンは、このお手軽で、なおかつ心身ともに効果的なエクササイズ方法をご自宅で、ご自身でも行っていただけることを願って組ませていただいておりますが、

  • 時間が取りにくい
  • 家では集中しにくい
  • 方法を忘れてしまっている

といった理由でレッスン以外(ボク以外のスタジオ等でレッスンされている方も含めて)ではあまり出来ていない、という方も少なくないのでは?

この問題、というかジレンマを解消する上で非常に参考になるのが、欧米のヨガスタイル。合理主義的、というか実践的である彼らは、歴史あるヨガの教えを上手に、そしてオシャレに彼らのライフスタイルに取り込んでいるのです。

ということで、今日は北米で人気のオンラインヨガレッスンサイト”My Yoga Online”から見つけた、ヨガを日常生活に取り入れるための5つの簡単な方法をご紹介したいと思います。

  1. ちょっとずつスタートする
  2. でも毎日「ヨガ/ピラティスタイム」を取るように
  3. 邪魔になるものをなるべく避ける
  4. 「ヨガ/ピラティスタイム」に合わせてアラームをセットする
  5. 無理な負荷をかけない

記事では、大雑把に以上の5つがヨガを日常生活に取り入れるための方法として挙げられています。

まず1番ですが、これは時間的なことを言っています。何もお家でスタジオと同じような60分、90分のお稽古を行う必要はありません。最初は5〜10分、1つや2つのリラックスできる、あるいは「コレ効くなぁ!」と思ったお気に入りのメニューを行うところからスタートしましょう。気分が乗ってきたら、少しずつ時間を増やしていけばいいのです。

次に2番目。「毎日」という言葉が重くのしかかって来ますか?いえいえ、それでも1番のやり方で良いのです。5〜10分、1つか2つのメニューから毎日スタート。「継続は力」です。

そして3番目。家では集中しにくいという方にはとても大切な事だと思います。目を引かれるもの、電話のアラームなど耳に入って来るもの、出来る限り外からの刺激をシャットアウトできるような環境づくりをします。ボクの場合は、朝早くや夜といった静かな時間を選ぶお稽古用のスペースは出来るだけ物を置かないように常に掃除しておく、といった方法で集中できる環境づくりをしています。

4番目はそのままなので、スルーします。

最後に5番目。出来るメニューを出来る範囲で行うことが大切です。レッスンで上手くできなかったメニューを克服しようと思って頑張ることも、その気持ちは素晴らしいものですが、無理をしすぎるとケガのもとですし、出来なかった時はメンタル的なモチベーション低下に繋がることもあり、逆効果になることもあります。ゆっくり、でも着実にステップアップすることを心がけましょう。

前にも言いましたが、完璧主義は必要ありません。以上のヒントを参考に、あなたなりのスタイルでエクササイズを続けていってください。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

Perfect_Web

脱「完璧主義」のススメ

ツイッターでこんな記事に出会うことが出来ました。

英語の記事なので簡単に日本語訳して紹介すると、

「あなたはピラティスで『完璧』であることに囚われ過ぎていませんか?」

という忠告記事です。

記事の中でも言われている事ですが、あまり「完璧」ということにこだわりすぎると、

  • どこまで行っても満足感を得られない
  • どれだけやっても自分自身で進歩を感じることが出来ない
  • いつしか「完璧主義」が大きなプレッシャーとなって乗しかかる
  • 安易な完璧感は、それ以上の「のびしろ」を消してしまう

といった弊害が生まれます。

各メニューでアラインメント(姿勢の傾き)や動作の順序等、正確な動作や高い集中力が求められるピラティスにマジメに打ち込む方に起こりやすい傾向と言えるでしょう。

でも、インストラクターの目から見ると、マジメにお稽古を続けてくださっている方は、少しずつでも確実に進歩上達していることがよく解るものなのです。

だから、ボクはよく「そこ、良くなりましたねぇ〜」とか「今の動き、バッチリです」という事を言いますが、そういう時はご謙遜なさらずに、純粋にその部分の進歩に満足してください(笑)

決してお世辞ではありませんので☆

教えさせていただいているボク自身、ヨガもピラティスも完璧だとは考えていません。

ですが、だからこそ1回1回のお稽古で得る気付きや心身の変化が楽しいのです。

「完璧」という目的地は捨てて、

それでも前はしっかり見据えて、

心と体の1歩ずつの変化を楽しんでいただけるような、

ヨガピラティスフィットネストレーニング、ジャンルに関らず、そんなレッスンをお届けします。

Seed Trainingの出張レッスンの詳細は、こちらから。

お申込み/お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お電話でのお問合せはこちらから

090-6756-5136

(レッスン中、移動中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。