319650_10151113455866160_396452573_n

甘くて、ちょっとコワい?異性化糖の話

今日は、ダイエットや健康維持のために食事に気を遣っていらっしゃる方のための情報を一つ。

脂肪や油ものと並んでダイエットや健康維持の2大巨頭としてやり玉に挙がるのが、

糖分

ではないでしょうか?

特に甘い物好きな女性にとっては、糖分というのは脂肪分に比べて「数倍タチが悪い」ものと思われる方も少なくないかと思います(ちなみにボクも大の甘党ですので、そう思う1人です)。

いきなりバッサリと「糖分絶ち」をする必要はなく、徐々に摂取量を減らしていく方向で頑張っていただいたら良いかと思いますが、その順番として最初に減らしていきたいものとして今回ご紹介するのが、糖分の中の「異性化糖」というカテゴリーに入るものです。

1.異性化糖とは?

①主にトウモロコシを原料にそこからデンプンを抽出し、

②更にデンプンを分解してブドウ糖をはじめとした糖液を得、

③最後にその糖液を果糖に異性化させて完成

した糖のことを、異性化糖と言います。

ボクたちの身近にある食料品、飲料の原材料ラベルに、

  • ブドウ糖果糖液糖
  • 果糖ブドウ糖液糖
  • 高果糖液糖

等の表示があれば、それらはこの「異性化糖」のことを指します。

異性化糖は、甘味料としてのみならず保存料としても使用されており、

  • 保存の効く肉製品
  • 缶詰め
  • パン
  • ソフトドリンク
  • 各種加工食品

等、様々な食品に使用されています。

2.なぜ最初に異性化糖なのか?

異性化糖を含む糖分の過剰摂取は、単純に体重増に繋がるというだけではなく、糖尿病や高血圧のリスクを高め、さらに脳の働きを低下させる怖れがあるとも言われています。では、なぜあえて糖分の中でも異性化糖を最初に減らして行くのが良い、とオススメさせていただくのか?リスク因子を減らしていくなら、何だっていいじゃないか、とお思いかもしれません。

ですが、同じ糖分でも果糖メインの異性化糖は非常に危険な特徴を持っているのです。

特徴その1

満腹感を感じない...

そのため、普通にまた糖分を摂りに行ってしまう。結果、ブクブク...

特徴その2

代謝は100%肝臓が行う。

肝臓への負担が大きい

満腹感を感じないまま無尽蔵に異性化糖メインの糖分を摂取して、内臓の中でも極めて重要な機能を担う肝臓をこれでもかとばかりに痛めつける。

これは、ダイエット以前の「死活問題」とも言えることではないでしょうか。

3.どうやって異性化糖の摂取を減らす?

異性化糖の摂取を減らすためにやるべきこと。まず買い物をする時にしっかり原材料ラベルをチェックしましょう。冒頭でも紹介した、

  • ブドウ糖果糖液糖
  • 果糖ブドウ糖液糖
  • 高果糖液糖

が入った飲食量は、出来るだけ避けるようにするのが良いでしょう。何もお菓子類に限ったことではありません。

  • パン
  • 缶詰め
  • アルコール飲料(特にビール)

等にも使用されているので、ぜひチェックを怠らないように!

そして糖分を摂る時は、出来るだけ栄養の残っているもの、満腹を感じられるものを選ぶようにすることです。

栄養の残っているもので言えば、カロリーだけの異性化糖や精白糖ではなく、

  • メープルシロップ
  • はちみつ
  • 黒砂糖

といった色のついたものを選ぶ、

満腹を感じられるもので言えば、お菓子ではなく

  • フルーツ

を選ぶようにしてみてください。

4.異性化糖を控えるもう1つの理由

異性化糖を減らすことによる効果は、じつはボクたちの健康や美容だけに止まりません。

これはアメリカのケースですが、アメリカで作られる異性化糖用のトウモロコシ栽培には、莫大な窒素系肥料とや除草剤、殺虫剤が使用されているそうです。

その中でもアトラジンという除草剤は、カエルを雌雄同体に奇形化させる作用があるということが明らかにされています。

小さなことかもしれませんが、ボクたちが異性化糖の使用を減らし、無くして行くことで、そうした方法での農業が拡大し、環境が悪化していくことを食い止めることにもなっていくと、ボクは信じています。

ということで、ボクたちの健康と快適な環境を守るためにも、まずは異性化糖の摂取を減らして行くことから、はじめてみませんか?

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。


コメントを残す