403491_531669593510565_1067677952_n

引き算的トレーニング方法

久しぶりのブログ更新となってしまいました...

本日ご紹介するのは、わたくし太田が得意とするトレーニング方法。

名付けて「引き算的トレーニング方法」と、自分では呼んでいるものです。

簡単に言うと、ヨガピラティスフィジカルトレーニング、そして食事管理をはじめとするライフスタイルの管理。それらを通して、心と体の無駄を少しずつ省いていく、そんな方向性で行っていくトレーニング方法です。

具体例としては、、、

  • 適切な有酸素トレーニングと食事管理で無駄な脂肪、過剰な栄養摂取を落として行く
  • ピラティスメニューを通して、必要な箇所だけ残し、余分な力を抜いて体に負担の少ない姿勢・動作づくりを目指す
  • ヨガを通しての身体的に不要な力みの緩和、ストレスの原因となる固定観念・強迫観念からの脱却を目指す

といったことが挙げられます。

一般的なスポーツやエクササイズ等、体を動かすことを通して上記に掲げたような悩み、問題点を克服するアプローチもありますが、それらとの違いは、

一般的なスポーツやエクササイズが、頑強な肉体(特に筋肉ですね)と精神を獲得し、それによって身体的な痛みや精神的な悩みに「打ち勝つ」ものだとすれば、

ボクの引き算的トレーニング方法は、痛みや悩みを生み出す無駄な力み/頑張り(身体的にも精神的にも)を取り除いていく

そんな所にあると言っていいでしょう。

じつはこのアイデアは、お稽古している居合道から拝借していたりします。

禅的な思想の強い流派で、徹底して華美を排するという考えがあるのですが、それに沿ったトレーニングとは...?、と考えた時に、自然とその方向性が「引き算」に向かいました。

ちょっと最近のスポーツ・フィットネス事情からは馴染まないかもしれませんが、ボクの実践している限りでは以下のような効果があるように感じています。

  • 自分の心と体が、ダメ(劣っている)なワケではないと思える(むしろ、ちょっと頑張り過ぎているだけ)
  • トレーニングに際してケガやバーンアウト(いわゆる「燃え尽き」)といった、フィジカル/メンタル両面でのリスクを大幅に軽減できる
  • トレーニングに止まらず、日常生活でも(個人的には特に金銭面で無駄に気づき、それを無くすのに必要な行動を実践することができる

今後もボクは、スポーツや運動と言ったら体育会系でガツガツと!という現在の日本のトレーニング環境とは少し距離を置いて、

どちらかと言うと同じ日本でも伝統文化・伝統芸能寄りの「引き算的」方向性で、これまで体育会的環境に馴染めずスポーツや運動から遠ざかっていた方達にも安心して取り組んでいただけるようなやり方でレッスンを提供していくつもりです。

ボクはそういうトレーナー、インストラクターですので、体育会的なスパルタなヤツではないだろうか、、、?、と妄想を膨らませていらっしゃる方は、どうか恐れず(笑)、安心してお問合せから頂ければ、と思っております。

今後とも、Seed Training (シードトレーニング)太田ゆきのぶを、よろしくお願い致します。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。


コメントを残す