SANYO DIGITAL CAMERA

健康な食べ方を真剣に考えた

私事ですが、つい先日、父ががんの手術を行いました。(このため、武庫之荘での教室をしばらく休止させていただく事にしました。楽しみにしてくださっていた皆様にはご迷惑をおかけいたします、申し訳ございません。)
一昨年の母の手術に続き、これで両親ともにがん手術を行ったことになります。

がんが遺伝するかどうかという議論はさておき、今回の事態に接して遺伝の問題よりもボクが我が事として真剣に考えたのが、家族のライフスタイルについてでした。

特に思い当たったのが、食事についてです。食習慣とがん発生リスクの関連性が高いことが主張されているからです。家族はこれまで一体何を、どのように食べて来たのだろう。そして今後、健康に暮らすための食事を、どのように整えるべきなのだろう、と。

考え抜いて辿り着いたのは、これは決してボクの家族だけではなく、現代人の多くが何をどのように食べるのかという問題について、大きな思い違いをしているのではないか、という事でした。

命を、健康を維持するために食べる
ボクたちが食べる理由、それは命を、健康を維持するためであるというのが大原則であるはずです。命を縮めるために、体を壊すために食べるという事は絶対に違うはずです。これは、おそらく大多数の方が理解されている事ではないでしょうか。

ですが、実践できているかどうか、という点ではどうでしょう。

バランスの取れた健康な心と体の状態を維持するには、栄養のバランスの取れた食事を選ぶことが重要です。ですが、ついつい時間が無いから、安いから、という理由でジャンキーなファストフードやインスタント食品に頼ること、多くありませんか?

また、本来の命と健康の維持という原則から離れて、もっぱら

  • ストレス発散
  • 暇つぶし、あるいは
  • 欲を満たすためだけに食べる

という行為をしていないでしょうか?ストレス発散や欲を満たすためだけに食べる人は、栄養のバランスを無視してひたすらスイーツだったり、ラーメンだったり、肉だったり、あるいはアルコールを大量に摂取して偏った食事になっていませんか?

暇つぶしに食べる人は、カロリーと脂肪分と塩分だけで出来たようなジャンキーなスナック菓子ばかりを食べているようなこと、ありませんか?

ボクたちが何故食べるか、という理由を正確に理解していると、何を食べるべきかという答えは自ずと出て来るはずです。少なくともここで例に出したような食べ物ではいけない、という事くらいは何となくでもお解りのはず。

沢山食べれば健康になれるか
腹八分。日本には、どれくらい食べるのかという目安についてこんなにシンプルで、なおかつ明確な基準があります。でも実際はというと...

最初に言った大原則を忘れて、暴飲暴食していませんか?食べ放題などで元を取らないと損だと必死に食べる人がいますが、その行為でボクたちは命という追加料金を払わされていると考えると、どうでしょうか。

また、どのように食べるのかという問題では、先の例にも出したストレス発散、暇つぶし、あるいは欲を満たすためだけに食べるという食べ方が引き起こす偏食という問題も考えものです。

Eat food. Not too much. Mostly plants.
以上、エラそうな事を書き連ねて来ましたが、これは何も説教とかそんなものではなくて、これまでの自分と家族の食生活を振り返った結果の気づきと、これを読んでくださっている皆さんも、思い当たることありませんか?という、あくまで問いかけです。

ただ、問いかけだけで終わってしまうのも何なので、今のボクがどういう事を心がけて食べているのか、そして今後家族にどのような食べ方を奨めて行くつもりか、というのをご紹介させていただきます。

方針は、この項目の冒頭に大きく書いてある通り、
“Eat food. Not too much. Mostly plants.”です。

これは、マイケル・ポーランの”Food Rules”という本からの引用で、「食べ物を食べる。ただし食べ過ぎない。そして、ほとんどを植物(野菜、果物、穀物、豆類等)でまかなう。」という意味です。

<食べ物を食べる>
当たり前だろう!と思われるかもしれませんが、ボクが考える食べ物というのは、保存が効くような加工、化学調味料、着色料等の手が加えられていないものを意味します。出来るだけ野菜や果物など、原型をとどめているものを買って自分で料理をし、食べるようにします。

<食べ過ぎない>
これは、もうくどくど繰り返し説明する必要ありませんね。ボクの場合は、腹八分です。

<ほとんどを植物でまかなう>

ほとんどを植物でまかなう、という方針を立てることで、過剰な肉類の摂取を避けることができます。肉類だけが悪者ではありませんが、肥満などもがんリスクを高める一因であることを考慮し、肉のかわりに野菜や果物、出来るだけ精白されていない穀物でまかなうようにしています。

現時点で、およそ1年近くこうした方針に基づくベジタリアン生活を続けているのですが、体力的に全く問題なく、この寒い冬も風邪ひとつひくことなく健康に過ごすことが出来ています。

決してこの方法を強く奨めたりはしませんが、皆さんが、食べるということについてボクがしたようにじっくりと考えていただくきっかけになれば幸いです。

あなたの食べ方が、あなたの健康と幸せをつくるものでありますように。

合掌

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

ヨガ・ピラティス ブログランキングへ


コメントを残す