月別アーカイブ: 2012年2月

Seed Training シードトレーニング ピラティス 自宅出張 個人レッスン 尼崎 兵庫 大阪

ピラティスと肩

ピラティスは体幹部分を一定に保った状態で手足を動かすメニューを豊富に有するため、

手足の可動域、柔軟性をアップさせる

という効果を引き出すのに非常に有効です。

今日は手足の中でも特に手、肩の部分にスポットを当ててピラティスの効果をご紹介したいと思います。

肩甲骨の動作と安定

ピラティスが肩の可動域、柔軟性をアップさせるのに非常に効果的である理由、それは肩甲骨のニュートラルポジションを常に意識し、そこを中心に肩甲骨が取り得る全方向への動作をバランスよく行う点にあります。

ニュートラルポジションというのは、そこから全方向(肩甲骨だと、前後、上下の動き、それから上下の回旋運動も)に偏り無く動かすことのできる、いわば、

ど真ん中ストライク

のポジションだとお考えいただければ結構かと。

体幹部分を一定に保ち、肩甲骨だけを動かすことで肩甲骨そのものの可動域をアップさせる運動を行うことが可能となりますし、また、肩甲骨をど真ん中ストライクで固定し、その状態で腕を動かすことで、肩甲上腕関節(いわゆる肩関節)の可動域をアップさせる運動にもなります。

図が、肩甲上腕関節(いわゆる肩関節)になります。

自分で出来る簡単メニュー

ここまでで、ピラティスがどうやって肩周りの可動域、柔軟性アップにアプローチするか、その基本となるコンセプトはお解りいただけたと思います。

ということで、ここからはその具体的方法。ここでは、ボクもピラティスの出張レッスンで、ウォームアップなどで頻繁に使っている、自分でも出来る簡単メニューをご紹介。

まずは、図のようにど真ん中ストライクのポジションに肩甲骨をセットします。

肩が上がりすぎたり、猫背になったり、あるいは左右の肩甲骨が寄りすぎて”天使の羽”が出て来ないように注意です。

その状態から、

  1. 肩甲骨の前後運動(図の両腕を前後させることで肩甲骨を左右に動かす)
  2. 肩甲骨の上下運動(図の両腕を上下させることで肩甲骨を上下に垂直に動かす)
  3. 肩甲骨の内外旋運動(図の両手を頭上に置き、肘を上下させることで肩甲骨の下端を内外旋させる)
  4. 肩甲骨と肩関節をロックして肘の円運動(図の肩甲骨と肩関節の位置を動かさないで、肘で円運動)

を、普段から暇を見つけては行うようにしてみてください。筋肉痛を感じるようなら、その間はおやすみです。

肩の可動域、柔軟性がアップすることの効果

このようなピラティスの肩甲骨の動作と安定の原則に従ったメニューを実践することの効果ですが、ボクが自分自身のトレーニングやお客様のトレーニング成果から確認できているのは次の通りです。

運動パフォーマンス向上

まずは極めて個人的なことになりますが、ボクがお稽古している居合道で、より柔らかく刀を頭上に振り上げることが出来るようになりました。まっすぐ頭上に刀を振り上げ、そこからストンと振り下ろすので、より元気のある、素早い振り下ろしが出来るようになった気がします。

また、合気柔術でも、肩関節を極められた時に多少痛みが減った、というのもトレーニングによる可動域、柔軟性アップのおかげと言えるかもしれません。

他にも、テニス、バレーボール、野球、ゴルフ等におけるケガの予防やパフォーマンスアップが期待できると思われます。

肩こり、五十肩等の軽減効果

それから、こちらはお客様でピラティスを実践していただいている方からの声ですが、

これまでは五十肩で、台所の高い所の棚に手を伸ばすのが出来なかったけど届くようになった

といったお声をいただけたりもしています。

完全に元通り、という訳にはいきませんが、このようにある程度の症状ならば緩和軽減効果も十分見込めます

このように、精密なコントロールにより、ピンポイントで体の特定部位にアプローチするエクササイズとして、ピラティスという選択肢は非常に効果的です。

ご自分で実践することも当然可能ですが、より正しく身につけたいという方は、お近くのスタジオや教室に行ってみられる事をオススメします。

ちなみに、ボクも阪神間で出張レッスンを承っておりますので、出張レッスンでピラティスを丁寧に習ってみたい!と思っていただけましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

Seed Training:ピラティス

(ピラティスとは?その効果などを解説したページです)

(メールフォーム)

090-6756-5136

(レッスン中、移動中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

ヨガ・ピラティス ブログランキングへ

Seed Training シードトレーニング ヨガ 陰ヨガ yoga yin 自宅出張 初心者 個人レッスン 尼崎 兵庫 大阪

“快適”を求めて〜sthira sukham asanam〜

ボクの自宅出張レッスン/個人レッスンにおける基本スタンスは、

完璧でなくて良いから、快適に感じるように行ってください

というものです。

どういう事かご説明するために、ヨガを例に出してみましょう。

取り上げるのはコブラのポーズ。

まずはこの写真。スタジオでの貴方の先生方、あるいは雑誌や本、DVD等で有名な先生方やモデルさんがこのような美しいポーズを取られていると、どうしても「これが完璧」で、私たちはここに到達しなければならない、そんな気になるのではありませんか?

ところが、これが落とし穴で、自分の体のコンディションに目を向けずにガムシャラに完璧を目指そうとすると、健康と癒しを得るためのヨガやピラティスで、かえって体を痛めつける結果にもなってしまいかねません。

この点について、ヨガの先人はこんな言葉を遺してくれています。

sthira sukham asanam

姿勢(ヨガのポーズ)は一定で、快適なものでなくてはならない

いくら本やDVDのデモと同じ形に近づいてみても、腰や首に激痛が走ったり、呼吸が苦しくなるようでは、残念ながらそれは貴方のポーズではありません。

見た目よりもまず、貴方が快適に呼吸ができ、ピタッとそのポーズを保ち続けられるポイントを見つけることの方が、ヨガやピラティスを行う目的である健康促進、癒しといった効果を引き出すためには重要です。

たとえば、このコブラのポーズであれば、こんなモディフィケーション(変化)が考えられるでしょう。

スフィンクスのポーズ(ブロック補助付)。手ではなく前腕で体を支え、さらに首が辛い場合はブロックに額を置けるようにします。

ピラティスにしても同じです。骨盤を立てて背中を真っ直ぐに保つためには、必要であればブロックやクッションを使ってその上に座っていただきますし、あるいは仰向けになってエクササイズを行っていただく場合もあります。

Seed Trainingではyoga worksさんのブロックを使用させて頂いております。

雑誌や本、DVDの独学では、初心者の方はこのあたりの微妙な「さじ加減」が難しいのではないでしょうか。

また、スタジオでレッスンを受けた事のある方では、周りの「できる人」を見て、自分もそれに合わせようと無理をした、という経験がある方も少なくないのでは?

もし「完璧」を求めるとするならば、それは

完璧な快適性

であるべきだと思うのです。

独学で頑張っていらっしゃる方やスタジオでお稽古されている方で、これまで完璧を求めて頑張って来られた方には、この記事が、安全で効果的な「完璧な快適性」というものを考えていただくきっかけとなれば幸いです。

合掌

Seed Training(シードトレーニング)の自宅出張レッスン/個人レッスンは、お客様とボクとのマンツーマンレッスン、またはお客様と気心の知れたご家族、ご友人だけのセミプライベートレッスンなので、周りの人に合わせようと無理をする必要は全くありません。徹底して快適に感じていただけるメニュー作りを行い、一番の目的である、心と体の健康と癒し効果を引き出すことにこだわります。

もし阪神間にお住まいの方で、ヨガピラティスを始めてみようとお考えであれば、是非Seed Trainingの出張レッスン、ご検討いただけると幸いです。

←お問合せ、ご質問等はこちらからどうぞ。

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。

ヨガ・ピラティス ブログランキングへ

4868649

ピラティスのダイエット効果について

近年、日本でも着実に広がりを見せつつあるとはいえ、まだまだ充分にその実態といいますか、効果の程を一般の方々に正しく認識されているとは言えないピラティス。

そのピラティスの存在について、より多くの方々に正しく認識していただき、ピラティスワークアウトを日本中でもっと普及したい、そして出来ればSeed Training(シードトレーニング)でピラティスの出張レッスン、受けてみようかなぁ...と思う方を一人でも増やしたい!(笑)という思いで、これから少しずつ、自身のピラティスワークアウト経験や指導経験、学習経験の中から有益と思えるものをシェアしていきたいと思います。

まず最初にお話させていただくのが、

ピラティスのダイエット効果について

です。

結構気になる方、多いのでは?日本でも、ピラティスをやっているという芸能人の方を見るとシュッと締まった体型をされた方ばかりなので、「自分もピラティスで...」と思う気持ち、よくわかります。

確かに、ピラティスを行うことでシュッと締まった体型、手に入れることは可能です。

ただし、ダイエットという大きな枠組みで考えると、たとえば体重を落とす体脂肪を落とす、という事まで含むと、ピラティスだけのダイエット効果というのは現実的ではないように思います。

ピラティスで痩せる、のではなく、

ピラティスをダイエットに取り入れる

という姿勢で行くと、ピラティスはダイエットの効果を一段上の状態へと導いてくれます。

細くしなやかな筋肉をつけて基礎代謝アップ

体脂肪燃焼、減量を伴うダイエットを成功させるには、栄養管理と運動の両面からアプローチする必要があります。

このうち運動は、体脂肪燃焼に効果のある有酸素運動と、筋肉をつけて基礎代謝(体がカロリーを消費する能力)アップをはかるためのレジスタンストレーニング(いわゆる筋トレ)の2つに分けられ、効果的なダイエットのための運動は、この両方を含む必要があります。

ピラティスは、後者のレジスタンストレーニングに分類され、一般的な筋トレに比べて体の表面を筋肉モリモリにする事なく、体の内側で姿勢を保持する細くしなやかな筋肉(いわゆるインナーマッスル)を鍛えて基礎代謝アップをはかれる点が、理想の体型を目指してダイエットに励まれる方々の支持を集める要因と思われます。

たとえば、このメニューだとヒップや脚、肩周りへのアプローチと同時に体幹部分を動かないようにするので、お腹周りのエクササイズにもなります。

また、エクササイズはどれも正しい姿勢の保持を重視するので、姿勢も美しくすることが可能ですし、姿勢を保持するために体幹部分のインナーマッスルを常に使い続けるので、腹部を中心としたエリアの引き締めにも非常に効果があります。

さらに、体幹部分のみならずヒップや脚まわり等、パーツごとに特化したメニューも豊富にあるため、「ここを引き締めたい!」という部分痩せのエクササイズとしても効果ありです。

しかし、ピラティスも決して万能選手ではありません。有酸素運動的な要素はそれほど高くはないので、体脂肪燃焼効果を望む方は、ピラティスワークアウトを行いつつ、ウォーキングやサイクリング等の有酸素運動を取り入れる必要があるでしょう。

シングルレッグストレッチというメニュー。胸と肩を軽く浮かせ、骨盤の位置を固定して行うメニューで、脚の動きだけでなく強力な体幹エクササイズになります。

まとめ

以上の事から、ピラティスのダイエット効果については以下のことが言えるでしょう。

  • 筋肉モリモリになる事なく、細くしなやかな筋肉(インナーマッスル)で基礎代謝をアップさせる事ができる
  • 細くしなやかな筋肉なので、シュッと見える。姿勢も美しく見えるようになる
  • 特に体幹部分の引き締めに効果的
  • ただし、脂肪燃焼効果は期待薄なので、それを望む場合はピラティス以外に有酸素運動や栄養管理を同時に行うことが必要

といったところでしょうか。

ダイエットを目的とする場合、ピラティスはあくまでも”強力なサイドメニュー”であり、”メインディッシュ”は有酸素運動と栄養管理であるということを覚えていただくと良いかと思われます。

自宅出張レッスン尼崎Seed庵(個人/少人数レッスン、体験ワークショップ)でピラティス(マットワーク)の指導もさせていただいております。お問合せ/お申込みは以下をクリックください。

090-6756-5136

(レッスン中、移動中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加中です。清き1クリックいただけると嬉しいです。


ヨガ・ピラティス ブログランキングへ