601815_440226712679011_881948672_n

呼吸で生み出すヨガとストレッチの違い

ヨガとストレッチは、同じものなのでしょうか?それとも、別物?

ヨガを、プラナヤーマ(呼吸法)やメディテーション(瞑想)も含めた広い意味(でも、この方がより正確?)で捉えると、ストレッチとは全く別の体系を持っていることは明らかです。

でも、一般的に知られているアーサナ(ポーズ)とストレッチを見比べてみると、パッと見ただけでは、同じように見えますよね?

   

でも、実際に両方を体験された方は思うはずです。

いや、違う。同じじゃない、と。

その違いの原因は何かというと、ヨガアーサナを行う際の腹式呼吸による、

体の内側でのリラックス感や活力を感じられること、

ではないでしょうか。

今日は、体の内側にリラックス感や活力をもたらすヨガの呼吸法について少しご説明させていただこうと思います。

横隔膜を意識する腹式呼吸

ヨガは腹式呼吸(じつはこれも非常にザックリした表現に過ぎないのですが)、

というのは、ヨガを普段されない方でもご存知の方がたくさんいらっしゃるくらい、よく知られているところですが、単純にお腹を出したり引込んだり、だけでは十分でないことはご存知でしょうか?

横隔膜を上下させることによってお腹を出し入れすることが、体の内側にリラックス感と活力を与える腹式呼吸を実践するためのポイントです。

息を吸った時は、左図の横隔膜を下に向かって下げ、

息を吐く時は、反対に上に向かって引き上げるように意識します。

おへをを中心としたお腹まわりが前後に出たり引込んだりするのは、この横隔膜の上下運動の結果です。

お腹まわりを緩めた状態で横隔膜を意識した腹式呼吸を行うことで、肺は十分な拡大/収縮運動が出来るようになります。

また、横隔膜の下方に位置する臓器も、息を吸う時は上から横隔膜の圧迫を受け、吐く時はお腹を引込むことで前方からの圧迫を受け、マッサージ効果が得られます。

この体の内側で起こる感覚が、体の表面の筋肉を伸ばすことにフォーカスしたストレッチとヨガとの違いと言えるのではないでしょうか。

ただし、ヨガとストレッチ、どちらが優れているかは解りません。その辺りの事は、それらを行うそれぞれの状況やタイミングで変化するものだと考えています。

合掌

sv10s

自宅出張/個人レッスンのご質問/お問合せはこちらから、お気軽にどうぞ。

*自宅出張/個人レッスンご契約前の初回相談(若干体験も可)は無料でお受けいただけます!

Seed Training シードトレーニング タイ古式マッサージ 予約 自宅出張 尼崎 兵庫 大阪

090-6756-5136

(レッスン中、移動中、施術中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村

 


コメントを残す