月別アーカイブ: 2011年9月

IMG_0735

The Thrive Diet

とてつもなく面白い本に出会いました。
本のタイトルは”The Thrive Diet“。

洋書で、日本ではまだ翻訳版が出ていないようですが、訳すとすれば「成功のための食事法」とでもいうことになるのでしょうか。

“Diet”(ダイエット)という言葉がついていますが、これは「食事」というのが本来の訳語ですので、日本で一般的に捉えられている、痩せるための「ダイエット」の方法を紹介しているわけではありません。

でも、とにかくこのThrive Dietのコンセプト、画期的なんです。それを是非知って頂きたくてブログにアップさせていただきました。

著者は私の心の故郷、バンクーバー在住のBrendan Brazier氏。このBrazier氏、アイアンマントライアスロンのプロアスリートでもあり、そしてなんと、プロスポーツ界でも稀有な、

食事の100%を植物性食物で補っているヴィーガンアスリートバナナなのです。

肉や魚介類はもちろん、乳製品や卵、ハチミツ等、一切の動物性食品は摂取しません。

そうした条件の下で、2003年および2006年の2度にわたって50kmのウルトラマラソン競技のカナダチャンピオンに輝いているという実績の持ち主。

そのBrazier氏が、現代人の食習慣や食事情への警鐘、そして彼の提唱する完全菜食の食事法”Thrive Diet”がどのようなもので、その食事法が如何に現代人の生活習慣の改善に貢献しうるか、という事を書いたのが本書です。

食べるという行為は、生きるということそのものだ。にもかかわらず、現代人の食事は、食べることで却って不要なストレスを溜め込むものになってはいないだろうか。質のうえでも、量のうえでも。

この観点から展開されるThrive Diet理論は、栄養に詳しくない人にも理解できるように、非常にわかりやすく簡潔に書かれていました。

そして、前半のThrive Diet理論に興味を持った読者のために、後半はThrive Diet実践に有効な食材の紹介や、それらの食材を使ったThrive Dietレシピ、各栄養素の簡単な解説が豊富に載せられています。

ただ、私はこの記事をもって今すぐに皆さんにこのThrive Diet食事法を勧めるつもりはありません。

それでも、たとえ今後も動物性食品を食べ続けるとしても、ファストフードや加工食品、エンプティーフードと呼ばれるカロリーだけ多くて栄養の少ない食品に対する姿勢など、読めば一歩でも半歩でも、確実に何らかの形で食習慣を改善するきっかけになることを願って、オススメさせていただく次第でございます。

ということで、この本。ゆっき~一押しです。
The Thrive Diet/Brendan Brazier

¥1,928
Amazon.co.jp

SANYO DIGITAL CAMERA

おやすみ前の陰ヨガ

人に教える以上、自分自身がまず誰よりも徹底的に稽古を行い、教えるものを身体に染み込ませておかないといけない。

ということで、開業したもののまだまだ仕事がほとんどない今(2011年時点)、逆にこの時をチャンスとばかりに自分自身の稽古に励む毎日なのですが。そんな毎日のルーティーンの最後に行うのが陰ヨガという種類のヨガ。

おそらく、これを毎晩寝る2~3時間ほど前に行う効果なのでしょう。この陰ヨガをしっかりやった次の日の朝は、

もの凄く目覚めがいいんです!!!

朝は5時半に起床して即座にハタヨガもしくはプラナヤーマ(呼吸法)のお稽古に入るのですが、この5時半の起床が、前日に陰ヨガをやった時とそうでない時とでは大違い。

やらなかった時は、「う~ん、あと5分だけ...mmm、zzz…」というような誰もが容易に想像できるであろう、眠気との格闘が待っています。

ところが、しっかり前日に陰ヨガをやっている時は全然反応が違います。信じられないかもしれませんが、目覚ましのアラームが鳴る1分前くらいに起きられたり、目が覚めて即座に、ベッドから飛び起きるようにして出て来られたりということも可能になるのです。

こうした事が可能になる原因を調べ、自分なりに考えると、それは陰ヨガの持つ自然治癒力(ヒーリング)の促進効果と言うものの影響ではないかと思うのです。

陰ヨガが身体の自然治癒力を促進させることができる要因、それは呼吸と、結合組織にアプローチするために筋肉を緩めること、にあると考えられます。

1.陰ヨガの呼吸と自然治癒力
陰ヨガの呼吸は、「ウジャイ」と呼ばれる呼吸法を、深くゆっくりとしたペースで柔らかく行うことを基本とします。稽古中このゆっくりとした柔らかい深呼吸を継続することで、副交感神経が活性化されてきます。副交感神経は、休息・回復の神経です。おやすみ前に副交感神経が活性化されることで、睡眠の質を高める準備が身体の中で行われるのです。

2.筋肉の弛緩と自然治癒力
また、陰ヨガの特徴の一つでもある結合組織や関節にアプローチするために筋肉の収縮を極力緩める、ということも睡眠の質を高める準備を行う上で重要な意味を持ちます。背中を中心に、身体が動きを取り得るあらゆる方向に曲げ延ばしができるよう、適切なポーズを組むことによって、リラックスした寝付きのよい姿勢を作ることができるようになります。同時に、筋肉を深く緩めることで睡眠中の身体の回復率もアップします。

自分の経験上からも、丁寧に陰ヨガをやった後は、ベッドに入った後で身体に小さな違和感を感じて何度も寝返りをうったり、姿勢を変えたりしてモゾモゾすることが少なくなっていることを実感します。さらに、仰向けで大の字で寝た時の心地良さといったら、何とも言えないものを感じます☆

このようにおやすみ前の陰ヨガは、呼吸および筋肉の弛緩という2つの側面から、メンタル面とフィジカル面でのストレス・緊張を取り除き、睡眠の質を高めることで自然治癒力を促進し、朝イチから絶好調の状態で一日をスタートできるようにしてくれるのですね。

sv10s

Seed Trainingのプライベート/セミプライベートレッスンは、陰ヨガ以外にも

を、Seed庵または自宅出張の形で提供させていただいております。

自宅出張/個人レッスンのご質問/お問合せはこちらから、お気軽にどうぞ。

*自宅出張/個人レッスンご契約前の初回相談(若干体験も可)は無料でお受けいただけます!

Seed Training シードトレーニング タイ古式マッサージ 予約 自宅出張 尼崎 兵庫 大阪

090-6756-5136

(レッスン中、移動中、施術中は電話に出られないこともございます。ご伝言をいただければ折り返しお電話させていただきます)

ブログランキング参加しています。清き1クリックいただけると嬉しいです。
 にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村